국립민속박물관 MI

所蔵品

国立民俗博物館は韓国人の生活文化を収集・蓄積し、これをお見せする文化空間です。当館は時代的、地域的指標となる国家指定文化財レベルの生活民俗資料を確保するために努力しています。都市化の急進展、地域開発などで消えてゆく民俗資料の確保のため、購入、寄贈、寄託などの方法を用いて民俗資料を集めています。2014年3月現在113,343点の、韓国人生活史全般にわたる膨大な量の民俗資料を所蔵しています。

『国立民俗博物館所蔵品図録』は、民俗資料の価値を見直し、当館の資料収集活動の成果を集成した結果であります。この図録には、国立民俗博物館の所蔵品の中から厳選した代表的な生活文化資料638点を、‘生’というコンセプトの下に、衣食住、生業、家族と教育、信仰、風流と遊び、工芸、葬礼、祭礼などに分けて紹介しています。これによって、韓民族の生活文化を伝承し、また、それだけではなく所蔵資料の芸術的、学術的価値を高めることを試みました。

当館の所蔵資料は常設展や特別展などで観覧することができます。しかし、収蔵庫に納まっている資料にはなかなか接し得ない。そこで所蔵品図録を刊行し、いつでも代表的生活文化資料の閲覧ができるようにしました。

特に当館所蔵の生活道具など、生活文化に関連した資料には当時の暮らしぶりが刻み込まれているため、どの名品にも劣らぬ‘貴重なもの’といえます。この図録は、見た目は素朴であるが、脈々と受け継がれてきた韓民俗の‘生’を盛り込もうとした当館の趣旨がよく反映されています。

国立民俗博物館―所蔵品図録

規格

国文・英文、菊倍版、文庫版の4種類

お買い求め先

国立民俗博物館ミュージアムショップ
(82-2-739-9691)